妊婦検診前日の食事の注意点 甘いものやアイス・ケーキはOK?

妊婦検診前日の食事の注意点 甘いものやアイス・ケーキはOK?

妊娠したら徐々に食欲が増してきます。
ほとんどの人は甘いものも
食べたくなると思います。
ですが、食べたいものを好きなだけ
食べていたら栄養バランスが偏り
母子ともに良いことはありません。

 

じゃあ妊婦検診の前だけ我慢して
検査結果に影響がなければいいのか?
と思う人もいるかも知れませんが、
妊娠検診で異常がない事を目的として
検査しているわけではないので
当然それも間違っています。

 

でもずっと甘いものを食べるのを我慢
していたらストレスの原因にもなります。

 

これから甘いものを食べていいかなど、
食事の注意点について説明していきます。

 

 

 

 

妊婦検診前日の食事

 

妊娠検診前日の食事もいつもと同じ
メニューで大丈夫です。
検査結果に響くのが嫌で
食事を抜いたりしたら赤ちゃんにも
よくありません。
ただ、検診前と分かっていて
大量に甘い物を食べるのもよくありません。
なるべく普段と同じ食事をしましょう。
それで糖が出すぎていたら、普段の
メニューから変更しなくてはなりません。
検査結果も大切ですが一番大切なのは
普段の食生活から甘い物を食べ過ぎてないか
どうかを確認することです。

 

 

 

 

 

甘いものは食べていいの?

 

甘いものを極端に我慢することは
妊婦生活でストレスになります。
妊婦さんにストレスはよくありません。
ただ、ストレス発散のために甘いものを
食べ過ぎるのもよくありません。

 

特にチョコレートやポテトチップスなどの
糖分や塩分の多いお菓子は高血圧の原因にも
なるし、塩分をとりすぎるとむくみの
原因にもなります。
あくまで食べ過ぎがダメなだけで
少量なら食べても大丈夫です。

 

また、甘いものでもゼリーなどは
水分を含んでいるし腹持ちもいいので
オススメです。
カロリー0もあるので体重や糖が
気になる人でも手軽に食べれると思います。

 

 

 

 

 

甘いものを食べ過ぎておこる病気

 

妊娠中にお母さんが食べたものは
赤ちゃんにそのまま栄養となって
流れていきます。
甘いものを食べ過ぎるとそのままへその緒から
流れていき、赤ちゃんは多量の糖分を分解
しようと頑張ります。
出産を終えても赤ちゃんは
同じくらいの量の糖分を分解しようと
してしまいます。
ですが母乳やミルクを飲んでるので
糖分の取りすぎはもうないはずです。
しかし赤ちゃんはそんなこと分からないので
今まで通りの量の糖分を分解します。
そして糖を分解しすぎて
低血糖症になる危険性が高くなります。

 

お母さんには妊娠糖尿病になるリスクが
高くなります。
甘いものを食べ過ぎると体重が増加し、
糖尿病になることがあります。
肥満になれば出産の時に産道が
開きにくくなるという影響も出てきます。
また、高血圧になる可能性もあり、
高血圧になれば、妊娠高血圧症候群になり、
重症化すれば帝王切開での分娩になることも
あります。

 

 

 

 

まとめ

 

妊婦検診前日でもなるべく普段と同じ
食事をしましょう。
甘いものも食べ過ぎでなければ
口にして大丈夫です。
ただ、栄養バランスも考え
甘いお菓子などを食べた時には
果物も一緒に食べるといいでしょう。

 

甘いものを食べ過ぎると
赤ちゃんが低血糖症になったり、
お母さんが妊娠糖尿病や肥満になり
出産の時に影響がでることもあります。

 

ストレスにならない程度に甘いものを我慢し、
ゼリーなどを食べて糖分や塩分のとりすぎを
ふせげるように努力しましょう。

ホーム RSS購読